ウェールズ対ウルグアイ 試合結果|10月13日 プールD

Featured Video Play Icon

スポンサードリンク

ウェールズ対ウルグアイの試合が10月13日(日)に熊本県民総合運動公園陸上競技場(熊本県熊本市)で行われました。

キックオフは17:15ですから、終わるのが日本対スコットランド戦が始まる1時間ほど前になりますね。

熊本の会場で応援した人は、どこで日本対スコットランド戦を観るのでしょうか?

って、話が脱線してしまいました。すいません。

ウェールズ対ウルグアイ 前半の試合内容

前半16分にウェールズのニッキー・スミスがトライを決めて、リー・ハーフペニーがコンバージョンゴール7対0とします。

一方のウルグアイは前半21分にフェリペ・ベルチェシがペナルティーゴールで7対3。

36分にもフェリペ・ベルチェシがペナルティーゴールを決めて7対6の1点差に迫ります。

しかし、このまま前半終了です。

 

ウェールズ対ウルグアイ 後半の試合内容

後半8分にウェールズのジョシュ・アダムズがトライ、リー・ハーフペニーがコンバージョンゴールで14対6。

この後、お互いに点が入らず。

後半24分にはウルグアイのサンティアゴ・シベッタにイエローカードが出されました。これは痛いですね。

その直後にウェールズに認定トライで21対6。

後半30分にはウルグアイのヘルマン・ケスレルがトライで21対11。

フェリペ・ベルチェシのコンバージョンゴールで21対13とじりじり点差が縮まってきます。

しかし、ウェールズのトモス・ウィリアムズがトライを決めて26対13。

その後、リー・ハーフペニーがコンバージョンゴールで28対13と再び突き放します。

後半44分にウェールズはガレス・デービスがトライ、リー・ハーフペニーがコンバージョンゴールで35対13として勝負あり。

後半終了

ウェールズ対ウルグアイの試合まとめ

ウェールズが5トライ、ウルグアイが1トライでした。

この試合でプールDでの試合はすべて終わりましたね。

最終的な順位は以下の通りです。

順位 チーム名 試合結果 勝点 得失
1 ウェールズ 4勝 19 +67
2 オーストラリア 3勝1敗 16 +68
3 フィジー 1勝3敗 7 +2
4 ジョージア 1勝3敗 5 -57
5 ウルグアイ 1勝3敗 4 -80

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です