ウェールズ対フィジー 試合結果| プールD 10月9日 ワールドカップ

Featured Video Play Icon

スポンサードリンク

10月9日に大分スポーツ公園総合競技場(大分県大分市)でウェールズ対フィジーの試合が開催されました。

結果は29対17でウェールズがフィジーを降して3連勝。

勝点を14にしてプールDでは1位となっています。フィジーは3位。

ウェールズ対フィジー 前半の試合内容

先制トライはフィジーでした。前半3分にジョシュア・トゥイソバがトライを決めて0対5とします。(ベン・ボラボラはコンバージョンゴール失敗)

8分にもフィジーのキニ・ムリムリバルがトライで0対10。(ベン・ボラボラはコンバージョンゴール失敗)

ここまで2トライと良い流れのようでしたが、コンバージョンゴールの失敗が嫌な予感です。

17分にはウェールズの反撃が始まりました。

まず、ジョシュ・アダムズがトライ、続いてダン・ビガーがコンバージョンゴールを決めて7対10としました。

さらに30分にはジョシュ・アダムズが2回めのトライを決め、ダン・ビガーがコンバージョンゴールで14対10とついに逆転します。

前半はウェールズがケン・オーウェンズにイエローカード。

フィジーもテビタ・ザブンバティとセミ・クナタニにイエローカードが出されました。

ウェールズ対フィジー 後半の試合内容

後半12分にウェールズのジェームズ・デービスにイエローカード。

13分にはフィジーに認定トライが決まり14対17と今度はフィジーが逆転に成功です。

しかし、喜びもつかの間、17分にはウェールズにペナルティーゴールが決まり17対17の同点。

続けて20分にはジョシュ・アダムズにトライを許して22対17と今度はウェールズの逆転となりました。

まさにシーソーゲームのようで面白い試合です。

28分にはウェールズのリアム・ウィリアムズがトライで27対17。

続けてリース・パッチェルのコンバージョンゴールで29対17。

このままウェールズが逃げ切り後半終了。

ウェールズ対フィジーまとめ

ウェールズ対フィジーは29対17でウェールズの勝利となりました。

この試合の結果によりウェールズがボーナスポイントを含む5ポイントを取り、ベスト8進出を確かなものにしましたね。

さらにオーストラリアの準々決勝進出も決まったみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です