アメリカ対トンガ 試合結果|最後に1勝するのはどっちだ?

Featured Video Play Icon

スポンサードリンク

アメリカ対トンガの試合が、10月13日の14:45より東大阪市花園ラグビー場(大阪府東大阪市)で行われました。

プールCでは、この試合が最後のカードとなりますね。

共に順位は下位となっていて、いまいち元気がないような感じがします。

それに、お互いここまで3敗同士で来ていますから最後の試合は頑張って欲しいですね。

アメリカ対トンガ 前半の試合内容

前半16分にトンガのシッグフリード・フィシホイが先制トライを決めて、ソナタネ・タクルアのコンバージョンゴールで0対7とします。

前半20分にはアメリカのマイク・テオがトライを決め、AJ・マクギンティがコンバージョンゴールで7対7の同点としました。

さらにアメリカは25分にもマイク・テオがトライで12対7。

12対7で前半は終了しました。

アメリカ対トンガ 後半の試合内容

後半10分にトンガのソナタネ・タクルアがペナルティーゴールで12対10としました。

17分にはトンガのマリエトア・ヒンガノのトライで12対15と逆転に成功します。

19分にはソナタネ・タクルアのコンバージョンゴールで12対17となりました。

後半21分にはシアレ・ピウタウのトライ、チェームス・ファイバのコンバージョンゴールで12対24と点差が開きます。

後半36分にはアメリカのトニー・ランボーンのトライ、AJ・マクギンティのコンバージョンゴールで19対24となり、試合の行方がわからなくなりました。

しかし、トンガは後半40分にテルサ・ベヌーがトライを決め、シアレ・ピウタウのコンバージョンゴールで19対31として試合終了。

後半終了

アメリカ対トンガ 試合まとめ

終わってみれば、アメリカ3トライ、トンガ4トライでした。

中3日のアメリカに対して、中6日という倍の時間があったトンガは、心身ともにベストな状態でこの試合に挑んだと思いますね。

トンガは1勝3敗、勝点6、67得点、9トライ、ボーナスポイント2の4位でプールC予選を終わりました。

アメリカは4敗、勝点0、52得点、7トライ、ボーナスポイント0の5位でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です