プールD|ウルグアイ(ランキング16位|2019年6月)チームの詳細

ウルグアイ ワールドカップ

スポンサードリンク

このブログに来てくれるラグビーファンの方、ありがとうございます。
今日は、プールD|ウルグアイ(世界ランキング16位|2019年6月)チームについて書きますね。

プールD|ウルグアイ(世界ランキング16位|2019年6月)チームのデータ

ラグビー世界ランキング・・・ランキング16位|2019年6月
チーム愛称・・・
W杯出場回数・・・2大会連続4度目
W杯最高順位・・・
2015年W杯・・・予選敗退

【ラグビーワールドカップ】ウルグアイ代表:仕事と両立!南米の雄【チーム紹介】

プールD|ウルグアイ(世界ランキング16位|2019年6月)のヘッドコーチ(HC:代表監督)

プールD|ウルグアイ(世界ランキング16位|2019年6月)のヘッドコーチ(HC:代表監督)はエステバンメネセスさんです。

1972年9月13日生まれの47歳ですから、プールDでは一番若いヘッドコーチ(HC:代表監督)になりますね。

2015年ワールドカップ(W杯)の後に監督に就任し、徐々にチームをまとめて成績を上げて行いる監督として認識されているようです。

プールD|ウルグアイ(世界ランキング16位|2019年6月)の特徴

選手の大半が仕事などをしている環境での登録選手なので、メンタル面もかなり強いと考えられます。
なぜならラグビーのみで生活できているのではないからです。

2007年と2011年の2大会で連続出場が叶わなかったことで、選手の強化にスポットを当てその成果で2015年のW杯に出場することが出来たのです。

今回のワールドカップも、カナダ(世界ランキング21位|2019年6月)代表とアメリカ地区代表かけたプレーオフの第2戦、後半30分までリードをされていたのですが、な、なんと!逆転勝利でワールドカップ(W杯)の出場を勝ち取った経験を持っています。

逆転勝利が出来るチームって勢いがハンパないんですよね。

他のチームと比べると間違いなく環境が圧倒的に劣っています。しかし、それでもタックルを繰り返すネバーギブアップのプレースタイルは最高です。

そんな意味でもラグビーファンを多く虜にしているチームと言えるでしょうね。

ここ最近は、海外のクラブに行く選手も多くなったので、少しづつではありますがラグビー熱も高まっていると思われます。

プールD|ウルグアイ(世界ランキング16位|2019年6月)の試合日程

プールD|ウルグアイ(世界ランキング16位|2019年6月)の試合日程は下記の通りです。

9月25日水曜日14時15分・・VSフィジー(世界ランキング9位|2019年6月)|釜石鵜住居復興スタジアム(岩手県|収容人数約1万6000人)

9月29日日曜日14時15分・・VSジョージア(世界ランキング12位|2019年6月)|熊谷ラグビー場(埼玉県|収容人数約2万6000人)

10月5日土曜日14時15分・・VSオーストラリア(世界ランキング6位|2019年6月)|大分スポーツ公園総合競技場(大分県|収容人数約4万人)

10月13日日曜日17時15分・・VSウェールズ(世界ランキング2位|2019年6月)|熊本県民総合運動公園陸上競技場(熊本県|収容人数約3万人)

プールD|ウルグアイ(世界ランキング16位|2019年6月)のまとめ

徐々に力を付けてきたチームなので、今回のワールドカップ(W杯)でどんな戦略を駆使して戦うのかが楽しみです。

2015年のワールドカップ(W杯)では12年ぶりのトライを決めました。こういう経験は「あとに続け!」的なメンタルで勢いが付いていますから楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です