トンプソンルークのプロフィールとプレースタイル|ラグビー日本代表 

トンプソンルーク ラグビー日本代表

スポンサードリンク

8月に入り暑さも厳しくなってきましたね。熱中症に気をつけてラグビーの記事を読んでください。

今日は、ラグビーワールドカップ日本代表のトンプソン・ルーク選手について調べてみました。

トンプソンルークのプロフィール

生年月日 1981年4月16日生まれ

年齢 38歳

出身地 ニュージーランド出身(日本国籍)

身長|体重 196cm 110kg

現所属クラブ 近鉄ライナーズ

日本代表キャップ数 64(通算38勝3分23敗)

競技歴 セントビーズ高、リンカーン大、三洋電機、近鉄ライナーズ、SRサンウルブズ

トンプソンルークのプレースタイル

あれは、2015年ワールドカップでの南アフリカとの対戦で、3点ビハインドで迎えた終了目前でした。

敵陣ゴール前のペナルティでスクラムを選んだ時に「歴史を変えるのは誰!」と檄を飛ばした話はラグビーファンなら誰でも知っていますよね。

しかし、トンプソン ルーク選手はこの大会を後に引退を表明してたので、ファンの間では惜しまれる意見が多かったのは言うまでもありません。

ところがLOに多くの負傷者が出たため2017年の6月にアイルランド戦に急遽、追加招集された事がありました。
やはり、頼りにされている選手なんですね。

サンウルブズ今季開幕戦では、なんと!37歳と306日の最年長記録でスーパーラグビーにデビューすることになります。

まわりに20代の若い選手が多い中、37歳は体力、気力と押され気味になることも多いと思います。

しかし、トンプソン ルーク選手にはこれまでの経験と知恵、そして若い選手にも敗けない気迫で活躍することになるのです。

試合に出るごとにさらなる実力を付けて行き、6月の代表スコッド入を手にすることになったのです。

これまでも「引退」という文字は常に頭の片隅にあったようですが、奥様の後押しで闘志に火が付いたようですね。

でっかい体のラグビー選手が奥様の一言でやる気になるってなんだか心温まる話でしょ?

今のFW(フォワード)陣の中においてキャップ数が64なのはすごい数字なんですよ。

ですから2019年ラグビーワールドカップでピッチに立つのも有り得る話。

もしも実現すれば4大大会連続でワールドカップ出場を経験する選手となるのです。

今、38歳のトンプソン ルーク選手。年齢はあくまでもひとつの数字でしかありません。

それよりも、これまでの経験を生かしてピッチでプレーすることになれば、他の選手も頼もしいと感じてくれるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です