田中史朗プロフィールとプレースタイル|ラグビー 日本代表

田中史朗 ラグビー 日本代表

スポンサードリンク

ラグビーワールドカップ日本代表の田中史朗選手について調べて見ました。

周りのごっつい大男選手の中でガンガン攻める姿が胸を打ちますね。

その反面、笑った顔がとってもチャーミングで癒やされると女性のファンも少なくありません。

田中史朗プロフィール

・田中史朗選手は1985年1月3日生まれの34歳です。

・京都府出身で現在の所属クラブはキャノンイーグルス。

・経歴 京都私立洛南中、京都市立伏見高校、京都産業大、パナソニック ワイルドナイツ、キャノンイーグルス、NPCオタゴ、SRハイランダーズ、サンウルブズ

・日本代表キャップ数 69(通算41勝2分26敗)

・趣味 UFOキャッチャー

・ニックネーム ジャック、フーミン、フミ。

・奥様は田中智美さんでパナソニックのバトミントン部に所属していたとか。つまり、田中 史朗さんとはパナソニックの同期ということになりますね。

田中 史朗プレースタイル

田中史朗選手と言えば、まさに「小さな巨人」という例えがピッタリな選手ではないでしょうか?

身長166センチで体重が72キロですから、一般のラグビー選手としては考えられない小柄な体型だと思います。

しかし、一歩ピッチに立てばスピーディーな身のこなし、正確なパス回しは他の選手の追随を許さないほどです。

田中史朗選手はラグビーブームの時には何度となくテレビにも出演されていたのでご覧になられた方も多いでしょうね。

ちなみに私もバラエティ番組に主演されているのを見たことがありました。

「小柄で笑顔の可愛らしい選手だなぁ」というのが私の素直な感想でした。

田中史朗選手は、2011年のワールドカップの残念な成績に責任を感じて海外での武者修行を決めます。

2013年にジェイミー・ジョセフ(ヘッドコーチ)のいるハイランダーズ(ニュージーランド)に入りました。

これが、ハイランダーズでの日本人スーパーラグビー選手第1号であり、2015年シーズンでは優勝も経験することになります。

そして同じ年に行われたワールドカップ(W杯)では、海外チームで培われた技術と経験を生かして日本チームの勝利に貢献するのです。

2015年のワールドカップは、かなり話題になりましたから、この辺りで田中史明選手を知った人は多かったですよね。

日本で経験を積むのも良いでしょうけれど、体格差でも大きな開きがある海外チームに身を寄せ、心身ともに背水の陣で揉まれるのは大きな財産になることでしょう。

自分のため、そしてそれが日本チームのためにもなりますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です