ラグビーワールドカップ初戦日本が30対10で勝ち|松島幸太朗が史上初のハットトリッ

Featured Video Play Icon

スポンサードリンク

やりました!日本がロシアに30対10で勝ちましたね。

それにしても松島幸太朗選手はやってくれました。ひとつの試合で3トライのハットトリックを成し遂げてくれるとは驚きです。

初戦からこんな活躍を見せつけてくれるのですから、今後の試合も期待が膨らみますね。

試合開始の4~5分ほどで日本チームにキャッチミスがあり、そこからロシアチームがトライを決めた時は、「これって、やばいかも?」って思ってしまいましたよ。

このキャッチミスは、もしかしたらライト(照明)の眩しさがあったのかもしれませんね。
ちょっとアンラッキーだったようです。

しかし、その後バックスから左、そして右へとつなぎ松島幸太朗選手がトライを決めてくれました。

もうね、しびれましたよ。松島選手のちょっと変わったヘアースタイルなんて気になりません。

その後、38分にも松島幸太朗選手がトライを決めて12対7として前半が終了。

日本リードで前半を終えたのは精神的も安心しました。

そして後半はちょっとだけゆとりをもって観ることが出来ました。

田村優選手のペナルティゴールとピーター・ラブスカフニ選手のトライ、そして28分ごろに松島幸太朗選手がトライでハットトリックを達成!ボーナスポイントもゲットしました。

ちなみにこの試合では控えの選手もすべて出場することが出来ましたね。特にベテランのトンプソン・ルークや田中史朗選手は、最後のワールドカップと捉えているようで気迫というか覚悟というかオーラが全身を包み込んでいるようでした。

ただ、堀江翔太選手がたびたび足を気にしている姿がちょっと心配でした。何事も無ければよいのですが・・・。

日本チームは初戦で勝ち点5を獲得です。さぁ、ベスト8を目指して残りの試合もがんばれ~!

はぁ~、この記事書いててまた興奮が蘇ってきたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です