南アフリカ対カナダ 試合結果|決勝リーグ進出 プールB ワールドカップ

Featured Video Play Icon

スポンサードリンク

南アフリカ対カナダの試合が10月8日(火)に神戸市御崎公園球技場(兵庫県神戸市)で行われました。

南アフリカは過去ワールドカップにおいて2回も優勝している強豪チームです。

ここはひとつカナダに頑張っていただきたいですね。

しかし、結果は66対7で南アフリカの勝利となりました。

終わってみれば南アフリカが10トライと8コンバージョンゴール。カナダが1トライ、1コンバージョンゴール。

試合の様子は以下にまとめてみました。

南アフリカ対カナダ 試合前半

前半2分に南アフリカのダミアン・デアレンデがトライで5対0。

エルトン・ヤンチースのコンバージョンゴールで7対0としました。

そのわずか2分後にスブシソ・ヌコシのトライで12対0。

10分にはコブス・レーナックのトライで17対0。

再びエルトン・ヤンチースのコンバージョンゴールで19対0。

17分にはコブス・レーナックが二回目のトライで24対0。

エルトン・ヤンチースのコンバージョンゴールで26対0。

20分にはコブス・レーナックが三回目のトライを決めて31対0。

エルトン・ヤンチースの四回目のコンバージョンゴールで33対0。

27分にはウォリック・ジェラントのトライで38対0。

エルトン・ヤンチースの五回目のコンバージョンゴールで40対0。

36分にはカナダのジョシュ・ラーセンがレッドカード。これは痛いですね。

40分にジョシュ・ラーセンがトライを決めて45対0。

エルトン・ヤンチースの六回目のコンバージョンゴールで47対0。

47対0で前半終了。

もう、エルトン・ヤンチースって、どんだけコンバージョンゴール決めるんでしょうか?すごすぎます。

それに、コブス・レーナックも要注意ですね。3回もトライを決めるんですから・・・。

カナダ、もっと頑張って下さ~い。

南アフリカ対カナダ 試合後半

後半6分にようやくカナダの反撃開始です。

マット・ヒートンのトライで5点を返すと、ピーター・ネルソンのコンバージョンゴールで2点追加。これで47対7とします。

しかし、14分には南アフリカのスカルク・ブリッツにトライを決められ52対7。

またまたエルトン・ヤンチースがコンバージョンゴールで54対7。

25分にはダミアン・ウィレムスのトライで59対7。

エルトン・ヤンチースがコンバージョンゴールで61対7。

32分にフランス・マルヘルベがトライで66対7。

後半終了

66対7という大差で南アフリカがカナダに勝利しました。

エルトン・ヤンチースは2回はゴール失敗していますが、8回はコンバージョンゴール成功していますから要注意ですね。

この時点でプールBでは南アフリカが4試合して勝点15でトップ。決勝トーナメント決定。

2位が勝点14のニュージーランド。3位が勝点10のイタリア。と続いています。

今回南アフリカに負けたカナダはナミビア同様、3連敗で元気がありません。最後の試合はこの両イチームで行われますから悔いの無いよう戦って欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です