スコットランド対ロシア 試合結果|プールA 10月9日 ワールドカップ

Featured Video Play Icon

スポンサードリンク

ラグビーファンの皆様 こんにちは!

さて、10月9日(水)の16:15分に小笠山総合運動公園エコパスタジアム(静岡県袋井市)でスコットランド対ロシアの試合が行われましたね。

試合結果に目を向けると、ロシアがかわいそうになるくらいスコットランドは強かったです。

ロシアはまったく点を入れることが出来ず、終わってみれば61対0の大差でスコットランドの圧勝となりました。

スコットランド対ロシア 試合前半

スコットランドは前半13分にアダム・ヘースティングズのトライとコンバージョンゴールで7対0としました。

そのわずか3分後にもアダム・ヘースティングズのトライとコンバージョンゴールで14対0。

21分にはジョージ・ホーンがトライを決め、アダム・ヘースティングズのコンバージョンゴールで21対0とします。

21対0で前半終了

スコットランド対ロシア 試合後半

後半4分にジョージ・ホーンがトライ、アダム・ヘースティングズがコンバージョンゴールで28対0。

さらに10分にはジョージ・ターナーのトライとアダム・ヘースティングズのコンバージョンゴールで35対0と点差は開きます。

15分にはトミー・シーモアがトライを決め、アダム・ヘースティングズのコンバージョンゴールで42対0。

18分にジョージ・ホーンがトライで47対0とします。

34分にはジョン・バークレーがトライでアダム・ヘースティングズがコンバージョンゴールで54対0。

37分にスチュアート・マキナリーがトライを決めてアダム・ヘースティングズのコンバージョンゴールで61対0となりました。

61対0で後半終了

スコットランド対ロシア まとめ

それにしてもアダム・ヘースティングズは大活躍でしたね。コンバージョンゴールが8個、トライが2個と決めてしまうんですから。

この試合でスコットランドは9個のトライと8個のコンバージョンゴールで61対0。

スコットランドは前回のサモア戦から14人の選手を入れ替えていました。

つまり、主力メンバー抜きで61点も取ってしまったんです。

これは、日本チームも性根を据えて試合に挑まなければなりませんね。

スコットランドはこの試合で勝点5を獲得しましたので、これまでの勝点と合わせると10となります。

ということは、2位のアイルランドに1点差で3位になりました。

プールCのチームはロシアを除き日本、アイルランド、スコットランド、サモアと残り1試合を残しています。

当然、日本には全勝して次のステージに進んで欲しいのですが、真剣勝負のため何が起こるかわかりません。

スコットランドといえば、2015年のワールドカップでは日本が負けて次へ進めなかった因縁のチームですよね。

そういう意味でも、10月13日に行われる日本対スコットランド戦は全力で応援しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です