坂手淳史 プロフィールとプレースタイル

坂手淳史 ラグビーワールドカップ

スポンサードリンク

坂手淳史選手の事を調べてみましたので記事にしておきます。チームの中で一番の元気者と言われているそうですから興味のある方も多いのではないでしょうか?

坂手淳史 プロフィール

生年月日 1993年 6月21日生まれ

年齢 26歳

出身地 京都府

身長 180cm

体重 104kg

現所属クラブ パナソニックワイルドナイツ

経歴 京都市立神川中、京都成章高、帝京大、パナソニックワイルドナイツ、SRサンウルブズ

日本代表キャップ数 13(通算10勝3敗)

日本代表初キャップ 2016年4月30日vs韓国

坂手淳史 プレースタイル

坂手淳史選手の大きな特徴は、眼を見張るような鋭いタックルでしょうね。それはまさに弾丸タックル!

こういう一点の曇りのない動きは周りの選手の原動力にもつながりますから。

まぁ、最近、ラグビーのファンになったばかりの私が偉そうに語れることではありませんけど、うちの娘がそう言っているのですから間違いないでしょ。

坂手淳史選手は攻めるも守るもどちらにしても元気が溢れたプレースタイルをすることで有名らしいんですね。

そんな直向きな姿が若い女子のハートを掴んで離さないのでしょう。

昨季のトップリーグにおいては一試合でなんと平均9本ほどのタックルをお見舞いしたとか。しかも成功率85%というから驚きです。

主将を務めたのが帝京大学4年の時でした。そして大学選手権を7連覇しました。もう、才能がスゴイです。

2016年にパナソニックワイルドナイツに入り、その春には韓国との試合で代表初キャップを手にしました。

2017年からサンウルブズに入りプレーすることになります。その後、スーパーラグビーの17試合に出て益々実力を付けている注目の選手なんです。

昨秋はニュージーランドとの対戦とイングランドとの対戦で先発に選ばれもしましたから、今年のラグビーワールドカップ(W杯)が楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です