ラグビーワールドカップをパブリックビューイング(PV)で観よう!

スポンサードリンク

こんにちは。ラグビーワールドカップ開催もすぐそこまで来ましたね。

試合観戦も会場に行く人、自宅のテレビで観る人、いろいろだと思いますけど、東京新聞 TOKYOwebを見ていたら面白い記事を見つけました。

それは、多摩地域の十一市で、試合を大画面で観戦するパブリックビューイング(PV)が行われる。という記事です。

東京スタジアムがある調布市で全部で十八日を予定されているそうです。

加えて「ラグビーのまち」を掲げている府中市でも全部で十二日を予定されているとか。

こういう情報を見ているとラグビーワールドカップがそこまで来いるのを肌で感じられますよね。

また、大画面のパブリックビューイング(PV)で試合を観戦できるのは、惜しくもチケットをゲット出来なかった人やスタジアムに行けなくて落ち込んでる人も試合を楽しむことが出来るのでラッキーなことです。

都や市が実施するパブリックビューイング(PV)は、日本の初戦である20日の開幕戦は六市であり、第二戦の二十八日は九市、第三戦と第四戦も開かれる予定です。

調布市に関する情報では、調布駅前に会場を設けるようですね。屋内施設も用意してあるので例え雨が降って最悪な状態であっても安心して観戦できるようにしてあるとか。

また、ラグビー体験コーナーや歌手らのステージもあるそうですから家族で行っても十分に楽しめるのではないでしょうか。

府中市においては、イングランドとフランスのキャンプ地で試合も放映するそうですから両国のファンの方は絶対に行くべきですよ!

武蔵野市ではロシアチームがキャンプするのですが、ロシア対日本の開幕戦を映すようですよ。担当者は「両方応援する」って言ってるそうです。

まぁ、私でもそう言いますけどね。町田市においても日本戦だけにとどまらず、キャンプをするナミビアチームの試合を取り上げるそうです。こういう日本の心遣いって好きですね。

東京スタジアムへのシャトルバスが発着する駅前で開く市もあるようですし、狛江市は狛江駅前、そして武蔵野市は武蔵境駅前を会場にする計画だそうです。

昭島市は、チャレンジリーグ所属の栗田工業が昨秋移ってきた市内の練習グラウンドで放映を予定しています。担当者は「チームや練習場のお披露目も兼ねる」と言ってるようです。

青梅市は2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた準備のために、はじめてパブリックビューイング(PV)PVを企画したそうです。用意周到で着実に行動されてるようですね。担当者の方は「みんなで応援するスポーツ文化を育てたい」と言われているそうです。

各市のパブリックビューイング(PV)には、地元のラグビーチームなどが協力するようですから心強い限りですね。府中市では市内に拠点を置くトップリーグの東芝とサントリー、日野市では日野、町田市ではキヤノンの選手が解説することになっているようです。

ラグビーワールドカップ期間中のパブリックビューイング(PV)

武蔵野市 9月20日、21日、28日

三鷹市 9月20日、28日

青梅市 9月28日

府中市 9月20日~22日、28日、10月5日、6、12、13、19、26、27、11月2日

昭島 9月28日

調布市 9月20日~23日、28日、29日、10月4~6日、11~13、19、20、26、27、11月1日、2日

町田市 9月28日、10月6日

日野市 9月20日、28日

国分寺市 10月13日

狛江市 9月20日、10月5日、13日

西東京市 9月28日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です