ニュージーランド対ウェールズ 試合結果|ワールドカップ3位決定戦 

Featured Video Play Icon

スポンサードリンク

ニュージーランド対ウェールズのラグビーワールドカップ3位決定戦が、11月1日の18:00より東京スタジアム(東京都調布市)で行われました。

早いもので、9月20日にワールドカップが始まり、もう11月です。

この40日あまりの時間にたくさんの刺激的な試合が行われました。

そして3位決定戦です。

ここに日本はいないのはとっても残念ですが、それはそれで次のワールドカップに取っておきましょう。

さて、試合の模様は以下の通りです。

ニュージーランド対ウェールズ前半

前半5分にニュージーランドのジョー・ムーディーがトライを決めて、リッチー・モウンガ
がコンバーションゴールで7対0。

その6分後にはボーデン・バレットがトライ、リッチー・モウンガがコンバーションゴールで14対0。

ウェールズの得点は前半19分に入ります。

まず、ハラム・エーモスがトライ、リース・パッチェルのコンバーションゴールで14対7と反撃開始です。

前半27分にはリース・パッチェルのペナルティーゴールで14対10としました。

しかし、ニュージーランドは強かったです。

前半33分にはベン・スミスのトライ、リッチー・モウンガのコンバーションゴールで21対10。

前半41分にもベン・スミスのトライ、リッチー・モウンガのコンバーションゴールで28対10。

前半終了

ニュージーランド対ウェールズ後半

ニュージーランドのライアン・クロティが後半2分にトライを決め、リッチー・モウンガのコンバーションゴールで35対10と突き放します。

後半19分にはウェールズのジョシュ・アダムズがトライ、ダン・ビガーのコンバーションゴールで35対17。

ウェールズが追いつけるか?って思っていたら、ニュージーランドのリッチー・モウンガがトライを決め40対17とされます。

そのまま試合終了でした。

ニュージーランド対ウェールズまとめ

終わってみれば、トライはニュージーランドが6、ウェールズが2。

コンバーションゴールがニュージーランドの5、ウェールズの2。

ペナルティーゴールはウェールズが1、という結果。

ウェールズは1987年第1回ワールドカップで3位になった経歴があります。

もしかしたら今回も3位になるのかって期待はありましたが、力及ばすで残念です。

ただアダムズが大会トライ王に近づく7つ目のトライを挙げたのは感動です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です