ニュージーランド対アイルランド 準々決勝 試合結果

Featured Video Play Icon

スポンサードリンク

ニュージーランド対アイルランドの準々決勝が10月19日東京スタジアム(東京都調布市)で行われました。

試合前にはニュージーランドのハカ「カパ・オ・パンゴ」が披露されました。ワールドカップでハカの存在を知りましたが、やっぱり盛り上がりますね。

さて、肝心の試合はどうなったでしょうか?

ニュージーランド対アイルランド 前半試合

先制はニュージーランドのリッチー・モウンガでした。ペナルティーゴールで3対0。

その後、14分にはアーロン・スミスがトライ、リッチー・モウンガのコンバージョンゴールで10対0とします。

そのわずか5分後に再びアーロン・スミスがトライ、リッチー・モウンガのコンバージョンゴールで17対0。

ううむ、このコンビ、息が合ってますねぇ。

前半32分にはニュージーランドのボーデン・バレットがトライで22対0。その後のコンバージョンゴールはリッチー・モウンガが失敗。

22対0で前半終了です。

ニュージーランド対アイルランド 後半試合

後半もニュージーランドの攻撃は続きます。

後半8分にコーディー・テイラーがトライを決め27対0。リッチー・モウンガのコンバージョンゴールで29対0とします。

後半9分から20分までは両チームの選手交代が目立ちます。ニュージーランドが6人、アイルランドは5人が入れ替わりました。

後半21分にはマット・トッドがトライを決めて34対0と点差を広げました。

あぁ、アイルランドはこのまま無得点のままなのか・・・と諦めかけたその時!

後半29分にアイルランドのロビー・ヘンショーがトライを決めて34対5。ジョーイ・カーベリーのコンバージョンゴールで34対7としました。

しかし、その後、ニュージーランドのジョージ・ブリッジがトライ、リッチー・モウンガのコンバージョンゴールで41対7と再び点差が・・・。

後半36分にはアイルランドの認定トライで41対14とするも、3分後にはニュージーランドのジョーディー・バレットがトライを決めて46対14で試合終了。

ニュージーランド対アイルランド 試合まとめ

さすがニュージーランドは強かったですね。ワールドカップで3回も優勝してるんですから。

ニュージーランドにはバレットという3兄弟がいるんですね。しかも3人が同じピッチでプレーするのですからスゴイ兄弟です。

兄弟だから息もピッタリなのかもしれませんね。

ニュージーランドが7トライに比べてアイルランドが2トライでした。

アイルランドは大事なところで攻撃を封じされた感じでした。

この試合の結果、準決勝は10月26日(土)、17:00より横浜国際総合競技場にて、ニュージーランド対イングランドで行われます。両チームとも全力で頑張ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です