流大選手に荒尾市民栄誉賞が贈られる|市民に勇気と感動を与えた

流大 荒尾市民栄誉賞

スポンサードリンク

流大選手に荒尾市民栄誉賞が贈られることが決まったそうです。

熊本に住んでる私にとっては今年最高のラッキーな出来事になりました。

決勝トーナメントに進めることだけでも嬉しいのに、そのうえ流大選手に荒尾市民栄誉賞とは。

 

熊本日日新聞には、「荒尾市は16日、荒尾高(現・岱志高)出身でワールドカップ代表メンバーの流大選手に市民栄誉賞を贈ると発表した。」と書かれていました。

なお、流大選手本人にはワールドカップが終わってから打診されるようですね。

 

流選手といえば福岡県久留米市出身で荒尾高卒です。

高校時代はといえば、なんと!2回も花園(全国高校大会)に出場したすごい選手なんですよ。

大学(帝京大)の大学選手権6連覇やサントリーのトップリーグ2連覇にも大きく貢献した経歴も持っています。

 

開催真っ只中のワールドカップにおいてはスクラムハーフで1次リーグ全4試合に先発出場したのは皆さんもご存知のとおりですね。

世界のラグビー選手に比べれば、身長166センチ、71キロは小柄な選手になります。

しかし、テンポの効いたパス回しで攻撃陣を引っ張って、初の決勝トーナメント進出に大きく関わってくれました。

 

荒尾市は表彰の理由を次のように述べています。

「世界の強豪相手に躍動する姿が市民に勇気と感動を与えた」と。

まさに、流大選手にぴったりの賞ではありませんか。

最後に付け加えておくと、同賞は文化やスポーツで功績のあった市関係者を顕彰する目的で2012年に創設されました。

 

流大選手の記事は以下にもあります。↓

流大(ながれ ゆたか)プロフィールとプレースタイル 日本代表ラグビーワールドカップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です