日本はアイルランドに勝てる?|第2戦は9月28日だ!

Featured Video Play Icon

スポンサードリンク

さて、他のチームが素晴らしい試合を行っていますが、皆さん お忘れではないでしょうね?

そうです、9月28日土曜日に静岡県の小笠山総合運動公園エコパスタジアムで、16時15分より日本対アイルランドの試合が開催されますね。

もう、ワクワクドキドキが止まらない、仕事が手に付かないってファンの方もいそうですけど。私も非常に楽しみであります。

アイルランドもそうですけど、我が日本チームも初戦は共に素晴らしい内容の試合をしましたよね。

9月22日に行われたアイルランド対がスコットランドの試合は、27対3という大差でアイルランドが勝ちましたけど、まさかあれだけの点差が付くとは考えてもいませんでした。いや~、いい試合でしたね。

そういえば、アイルランドは今回なんと!ランキング1位になっているんですね。これは日本にとってありがたくない情報です。プレッシャーが半端ありませんって。勝てる割合はどれくらいなんでしょうか?

ちなみに、シックス・ネーションズ|欧州6ヶ国対抗戦では、通算22回の優勝回数を持ち2019年は第3位、そして2018年はグランドスラム達成の快挙を達成している強者なんですよ。

シックス・ネーションズ|欧州6ヶ国対抗戦ってなんですか?

収容人数が5万人以上になるほどの人気がある有名なラグビー大会です。

ラグビー欧州6ヶ国対抗戦になっているほど世界で最とても長い歴史のある大会となっています。 6ヶ国同士で総当たりする戦いでかなり迫力があります。全勝優勝がグランドスラム。そしてイングランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズの中で全勝したらトリプルクラウンと呼ばれることになります。

参加国に関しては下を御覧ください。

アイルランド・・・2018年第1位(グランドスラム)、2019年第3位
ウェールズ・・・2018年第2位、2019年第1位(グランドスラム)
イングランド・・・2018年第5位、2019年第2位
スコットランド)・・・2018年第3位、2019年第5位
フランス・・・2018年第4位、2019年第4位
イタリア・・・2018年第5位、2019年第5位

アイルランドと言えば、サッカーと同様にラグビー熱も高いポーツとして多くの国民に愛されているようです。どうりで応援がスゴイと思いましたよ。

注目選手を挙げるとすればジョナサンセクストンでしょうね。なんせ世界最高峰の10番と評判の選手なのですから。

ジョナサンセクストンは、コマーシャルや車のマークにも採用されていて、アイルランドでは国民的なヒーローなのです。

この記事の中でも動画をアップしていますので、実際に観てもらえば一目瞭然ですからね。パスワークと、正確なキックは日本に欲しいと思いますよ、本当に。

SO(スタンドオフ)|BK(ハーフバックでありながら、キックもですけどパスワークやトライまで器用に出来てしまう選手なんですから。

もし、日本チームがアイルランドに勝てるとすれば、ジョナサンセクストン選手の活躍を防ぐことではないでしょうか。もうね、一切仕事をして欲しくないんです。

そのためには、日本の中村亮土(なかむらりょうと)選手に活躍していただかないと話になりませんね。

中村亮土(なかむらりょうと)選手は重心の低いランニングが持ち味ですから、他のチームのでっかい選手にも当たり負けしませんから。

タックル良しでフィジカルの強さも悟りを得た武士みたいに強いんですから頼りになる存在です。ファンの間では日本チームになくてはならない12番だ!と言われているほどです。

前半から強烈なタックルでジョナサンセクストンに当たることによりミスを呼び込む感じで行きましょう。このような泥臭い地味な作戦がアイルランドには有効ではないかと私は思うんです。

ジョナサンセクストン10番に仕事をさせないようにすること。これこそが日本がアイルランドに勝つコツでしょう。

試合予定日まであと少しです。日本チームの選手が悔いのない戦いが出来るように精一杯の応援をよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です