プールB|イタリア(世界ランキング14位|2019年6月)チームの詳細

イタリア ワールドカップ

スポンサードリンク

お疲れさまです。いつもありがとうございます。

今回は、プールB|イタリア(世界ランキング14位|2019年6月)チームについて独自に調べてみましたよ。
まだまだラグビー初心者ですけど頑張って記事を書いていきます。

プールB|イタリア(世界ランキング14位|2019年6月)チーム特徴

ラグビー世界ランキング・・・ランキング14位|2019年6月
チーム愛称・・・アズーリ
W杯出場回数・・・9大会連続9度目
W杯最高順位・・・予選敗退
2015年W杯・・・予選敗退

【ラグビーワールドカップ】イタリア代表:欧州の強豪に揉まれて成長中。【チーム紹介】

イタリア(世界ランキング14位|2019年6月)のヘッドコーチ(HC:代表監督)

イタリア(世界ランキング14位|2019年6月)のヘッドコーチ(HC:代表監督)はコナーオシェイさんです。

選手時代はアイルランド(世界ランキング3位|2019年6月)の代表でもありました。そしてロンドンでコーチングキャリアをスタートし実績を残している実力者なのです。

2016年の『シックス・ネーションズ|欧州6ヶ国対抗戦』後からの現職なのですが、このヘッドコーチ(HC:代表監督)になった後で、な、なんと!あの南アフリカ(世界ランキング5位|2019年6月)に勝利しているんですよ。

うう~む、個人的に複雑ですねぇ。南アフリカといえば前回のワールドカップで日本と素晴らしい戦いをしてくれたチームですから。

イタリア(世界ランキング14位|2019年6月)について

イタリア(世界ランキング14位|2019年6月)は『シックス・ネーションズ|欧州6ヶ国対抗戦』になります。

そうは言っても、ラグビーファンの間では、『シックス・ネーションズ|欧州6ヶ国対抗戦』でも明らかに実力が他と違うようなんですね。ですから「時期尚早ではないか?との」との声が上がっているのも事実です。

主力選手がイタリア(世界ランキング14位|2019年6月)以外にも、フランス(ランキング8位|2019年6月)やイングランド(ランキング4位|2019年6月)のクラブチームに入り実力を上げてきています。

こういうところも戦力・戦術に関係してきますから気になるところですね。

また、フォワード(FW)が力強くて定評があり、なおかつ伝統的にスクラムが強いことでも有名なチームです。

現在も南アフリカ(世界ランキング5位|2019年6月)出身など多くの選手が名を連ねているのも特徴です。

イタリア(世界ランキング14位|2019年6月)の試合日程

イタリア(世界ランキング14位|2019年6月)の試合日程は以下の通りになります。

9月22日日曜日14時15分・・VSナミビア(ランキング23位|2019年6月)|東大阪市花園ラグビー場(大阪府|収容人数約2万4000人)

9月26日木曜日16時45分・・VSカナダ(ランキング21位|2019年6月)|東平尾公園博多の森球技場(福岡県|収容人数約2万人)

10月4日金曜日18時45分・・VS南アフリカ(ランキング5位|2019年6月)|小笠山総合運動公園エコパスタジアム(静岡県|収容人数約5万人)

10月12日土曜日13時45分・・VSイタリア(ランキング14位|2019年6月)|豊田スタジアム(愛知県|収容人数約4万5000人)

イタリア(世界ランキング14位|2019年6月)のまとめ

我が日本チームとほぼランキングは同じですが、フォワード(FW)が強いので、ニュージーランド|オールブラックス(ランキング1位|2019年6月)と南アフリカ(ランキング5位|2019年6月)にどんな戦い方をしてくるのかが注目する所でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です