イングランド対南アフリカ 試合結果| 優勝決定戦 2019ワールドカップ

Featured Video Play Icon

スポンサードリンク

イングランド対南アフリカの決勝戦が11月2日 18:00より、横浜国際総合競技場(神奈川県横浜市)で行われました。

ついに、決勝戦まで来ましたね。

しかも、南アフリカは日本を破っての決勝戦ですから、私としては絶対に優勝してもらわないと困るんですよ。

同じ思いのラグビーファンはいると思いますけど。

さて、試合はどうなったのか。

イングランド対南アフリカ前半

前半9分に南アフリカのハンドレ・ポラードがペナルティーゴールで0対3。

前半22分にはイングランドのオーウェン・ファレルがペナルティーゴールで3対3の同点とします。

その3分後には南アフリカのハンドレ・ポラードがペナルティーゴールで3対6。

前半34分にはイングランドのオーウェン・ファレルがペナルティーゴールで6対6と再び同点とします。

前半38分と42分には南アフリカのハンドレ・ポラードがペナルティーゴールで6対12として前半終了。

イングランド対南アフリカ後半

南アフリカのハンドレ・ポラードが後半5分にペナルティーゴールを決めて6対15。

後半11分にはイングランドのオーウェン・ファレルがペナルティーゴールで9対15。

後半17分には南アフリカのハンドレ・ポラードのペナルティーゴールで9対18。

その2分後にはイングランドのオーウェン・ファレルがペナルティーゴールを決めて12対18と追い上げます。

後半26分に南アフリカのマカゾレ・マピンピがトライで12対23。

ハンドレ・ポラードのコンバーションゴールで12対25とまたまた突き放します。

そして、後半33分に南アフリカのチェスリン・コルビがトライを決め12対30。

ハンドレ・ポラードがコンバーションゴールで32対12としました。

試合終了

イングランド対南アフリカまとめ

終わってみれば、なんとペナルティーゴールの多いこと。

イングランドが4、南アフリカが6ですから、この試合のポイントはお互いのペナルティだったのではないかと思います。

そこに加えて南アフリカの2トライを決めることが出来たのは大きかったですね。

それにしても、南アフリカが優勝してくれて本当に良かったです。

長かったラグビーワールドカップもこの試合でひとまず終わりました。

今回の2019ラグビーワールドカップでは、日本チームに感動をもらって嬉しかったですね。

本当に私を含めて日本中ににわかファンが生まれました。

今回の大会でラグビーの面白さに気づいたので、このサイトでもラグビーの情報をお届けしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です