イングランド対ニュージーランド試合結果|勝敗を分けたペナルティ

Featured Video Play Icon

スポンサードリンク

イングランド対ニュージーランドの試合(準決勝)が 10月26日の17:00より、横浜国際総合競技場(神奈川県横浜市)で行われました。

個人的には日本が負けたことで熱も冷めかけていたのですが、ラグビーにわかファンだからこそ、優勝まではしっかり見極めることが大事だと思います。

で、イングランド対ニュージーランドの試合の結果をお届けするべく記事を書いてみました。

結果は、19対7でイングランドの勝利でしたけど、さすが世界ランキング1位と2位のチームの試合は迫力ありますね。

イングランド対ニュージーランドの試合 前半

前半2分にイングランドのマヌー・ツイランギがトライを決め、オーウェン・ファレルのコンバーションゴールで7対0とします。

前半39分にはニュージーランドがオフ・ザ・ゲートの反則。イングランドはショットを選択。

前半40分にはジョージ・フォードがペナルティーゴールで10対0。

前半終了

イングランド対ニュージーランドの試合 後半

後半8分にイングランドのノーボールタックルでペナルティ。ニュージーランドはショットを選択。

後半9分にジョージ・フォードがペナルティーゴールで13対0。

後半16分にはニュージーランドのアーディー・サベアがトライを決め13対5。

リッチー・モウンガのコンバーションゴールで13対7。

後半19分には22mライン付近でニュージーランドがオフサイドのペナルティ。イングランドはショットを選択。

後半22分にイングランドのジョージ・フォードがペナルティーゴールで16対7と再び引き離します。

後半29分にもジョージ・フォードがペナルティーゴールで決めて19対7。

その後は両チームとも得点が入らず試合終了。

イングランド対ニュージーランドの試合まとめ

イングランドとニュージーランドは共にトライは1でした。

しかし、イングランドはペナルティーゴールを4つも決めています。

ペナルティーゴールが1つで3点ですから、4つで12点。

試合結果が19対7ですから、もしペナルティーを取られていなかったら7対7の同点で試合はどうなっていたかわかりませんよね。

つまり、ニュージーランドはペナルティで負けたと私は思います。

でも、それだけギリギリのところで試合をしていたんだと考えれば、この試合がどれだけスゴイものだったのかがわかりますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です