イングランド対ニュージーランド 先発メンバー発表|ラグビーワールドカップ 準決勝

横浜球技場

スポンサードリンク

イングランド対ニュージーランドの準決勝は、10月26日 17:00に横浜国際総合競技場(神奈川県横浜市)で行われます。

そこで、両チームの先発メンバーが発表されたので記事の下に掲載しておきますね。

それにしてもニュージーランドは世界ランキング1位だし、イングランドは世界ランキング2位ですから、おそらく想像以上の試合が観れると私は思います。

当時に会場で観戦できるラグビーファンは幸せものですね。かなりのジェラシーを感じてしまいます。(うらやましい・・・)

イングランドもニュージーランドも、準々決勝まで来るまでには1試合において、平均5トライ以上を挙げています。

しかも失トライは1以下というから防御の面でも抜かりのないチームと言えるでしょう。

点は取るわ相手に点は取らせないわで、完璧なチーム同士がぶつかるのですから、見応え充分なのは間違いありませんね。

こうやってみるとお互いに同じような性格のチームのようですが、よくよく調べてみると違いがあるのがわかります。

例えば得点の入れ方です。

ニュージーランドの得点の入れ方

トライ29のうち、ターンオーバー(相手のボールを奪う)が10、ラインアウトから9、スクラムで8と幅広い攻撃で取っています。

得点は全部の時間帯で入れてはいるものの、時間が進むと失点も増えています。

イングランドの得点の入れ方

トライ21のうち、ターンオーバーが1のみで半分以上をアウトラインから取ってます。ペナルティーが絡んだ相手陣ゴール前のラインアウトセットプレーが得意なのでしょう。

得点は後半のさらに後半(残り20分あたり)で平均12点を叩き出しています。

イングランド対ニュージーランド戦まとめ

後半に弱いニュージーランドと後半に強いイングランド。

お互いに世界ランキングではトップの位置に君臨していますから、がっぷり四つに組んだ時の試合内容が楽しみですね。

それにしても、日本で世界のトップチームの試合が行われることには感動です。

当日は「NHK総合」で生放送するようですから、見逃さないようにお願いしますね。


イングランド先発メンバー

1 PR マコ・ブニポラ

2 HO ジェーミー・ジョージ

3 PR カイル・シンクラー

4 LO マロ・イトジェ

5 LO コートニー・ローズ

6 FL トム・カリー

7 FL サム・アンダーヒル

8 NO8 ビリー・ブニポラ

9 SH ベン・ヤングス

10 SO ジョージ・フォード

11 WTB ジョニー・メイ

12 CTB オーウェン・ファレル

13 CTB マヌー・ツイランギ

14 WTB アンソニー・ワトソン

15 FB エリオット・デーリー

リザーブ

16 ルーク・カワンディッキー

17 ジョー・マーラー

18 ダン・コール

19 ジョージ・クルーズ

20
マーク・ウィルソン

21 ウィリー・ハインツ

22 ヘンリー・スレード

23 ジョナサン・ジョセフ


ニュージーランド先発メンバー

1 PR ジョー・ムーディー

2 HO コーディー・テイラー

3 PR ネポ・ラウララ

4 LO ブロディー・レタリック

5 LO サミュエル・ホワイトロック

6 FL スコット・バレット

7 FL アーディー・サベア

8 NO8 キーラン・リード

9 SH アーロン・スミス

10 SO リッチー・モウンガ

11 WTB ジョージ・ブリッジ

12 CTB アントン・レーナートブラウン

13 CTB ジャック・グッドヒュー

14 WTB セブ・リース

15 FB ボーデン・バレット

リザーブ

16 デーン・コールズ

17 オファ・トゥンガファシ

18 アンガス・タアバオ

19 パトリック・トゥイプロトゥ

20 サム・ケーン

21 TJ・ペレナラ

22 ソニービル・ウィリアムズ

23 ジョーディー・バレット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です