イングランド対アルゼンチン 試合結果|10月5日 プールC

Featured Video Play Icon

スポンサードリンク

イングランド対アルゼンチンの試合が10月5日に東京スタジアム(東京都調布市)で行われました。

イングランドはここまで2連勝していますが、アルゼンチンは1勝1敗なので負けられない試合ですね。

イングランドは、世界ランキング3位 (2019年9月16日現在)でアルゼンチンは世界ランキング 11位 (2019年9月16日現在)です。

さて、格上のイングランドにアルゼンチンはどう戦ったのでしょうか?

 

イングランド対アルゼンチン 前半

前半6分にアルゼンチンのベンハミンマリア・ウルダピジェタがペナルティーゴールで3点を入れます。

が、そのわずか2分後にはイングランドのジョニー・メイがトライで5対3と逆転に成功します。

しばらく得点は動きませんでしたが、17分にアルゼンチンのトマス・ラバニーニがレッドカード。

35分にはイングランドのエリオット・デーリーがトライを決めて10対3。

同じくイングランドは5分後にベン・ヤングスがトライで15対3として前半は終了。

イングランド対アルゼンチン 後半

後半開始5分にイングランドのジョージ・フォードがトライ、続けてオーウェン・ファレルがコンバージョンゴールを決めて22対3に。

13分にはオーウェン・ファイルがペナルティーゴールで25対3。

アルゼンチンは31分にマティアス・モロニがトライを決め、エミリアノ・ボフェリのコンバージョンゴールで25対10としました。

そのわずか3分後にイングランドのジャック・ノウェルのトライで30対10。

オーウェン・ファレルのコンバージョンゴールで32対10。

40分にはルーク・カワンディッキーがトライ。オーウェン・ファレルのコンバージョンゴールで39対10。

ここで試合終了。

 

 

終わってみればイングランドは6トライを決めていました。

これで勝点15になり一次リーグ突破!決勝トーナメントに一番乗りになりますね。やはりイングランドは強いです。

ただ、イングランドは10月12日にフランス戦がありますから、次も勝って全勝で次のステージへ行くことを考えているのでしょうね。

だとしたらフランスにはぜひとも勝ってもらいたいかな。あまりトントン拍子に進んじゃうと面白くないですもんね。

あ、日本チームはガンガン進んじゃってOKです。

プールCの他のチームですが、2位がフランス、3位がアルゼンチン、4位がトンガ、5位アメリカという順位になっています。

ただ、フランス、トンガ、アメリカは、この記事を書いている時点ではまだ2試合しかしていません。

今後の結果次第では2位争いが面白くなるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です